« オホーツク海の旅第1日目(13年11月22日) | トップページ | オホーツク海の旅第3日目(13年11月24日) »

2013年11月23日 (土)

オホーツク海の旅第2日目(13年11月23日)

第2日目の訪問先の地図です。

Photo_4

流氷岬にて(オホーツク海を眺望できます) オムサロ原生花園を通りクッチャロ湖へ。

131122033_edited Photo_8

             この辺に流氷が2月~3月かけて押し寄せてくるそうです。機会あれば再度訪れたいと思いました。

こんなアザラシの子供に会えたらきっと和みますね!毛皮が丈夫く出来ているのでとても暖かそうだね。

Photo_41

Photo_6

Photo_22

クッチャロ湖にもう白鳥が飛来していました。パンの餌をあげるとすばしっこい鴨に先取りされていました。 Photo_20

131122036  http://youtu.be/WyR1qICNsow131122040_2

Photo_55 http://youtu.be/QgYEM5koasU 

Photo_54 ホテル猿払(さるふつ)で、ホタテ御膳の昼食。注文したのはワンランクアップの御膳でしたが、普通御膳がだされご立腹。

                                                    

131122043

最北の宗谷岬でワンショット。とても寒いです。準備してきたニット帽が役に立っています。

江戸時代、樺太を測量した間宮林蔵の銅像。131122042_edited_2 Photo_11間宮林蔵は小柄な人でしが、大きく凛々しく建っていました。 http://youtu.be/MBQtjdxTrEY 

  宗谷岬 http://youtu.be/yFLycDzXm8I Hiromiiwasaki_2

ダ・カーポが唄っています。爽やかな音色です。

131122049

                                                                                                                  

副港市場内にあるレストランで夕食は、ゆでたての毛ガニ1杯と名物たこしゃぶや焼きタラバ足等など。 副港市場の生鮮品店のお兄さんに聞いたら、今の季節は採れなくてロシアから輸入していると言っていました。ロシアの人も見ましたし、店にもロシア語表示がありました。稚内は確かにロシアに近く、交流があると実感しました。

かつて底引き網漁などで栄えた第一副港に平成19年(2007年)4月にオープンした複合商業施設。

レトロな内装は往時を偲ぶ雰囲気。海産物などのお土産品を販売する「市場棟」や、日帰り入浴温泉施設の稚内天然温泉「港のゆ」、屋外には屋台村「波止場横丁」もあり、ロシア料理などが召し上がれます。

131122017_3

                     

副港市場は、街のスーパー兼 娯楽施設 兼 レストランとなっています。ここで毛蟹御膳を食べました。

ここには、温泉もあり地元の人でも賑わっていました。大人一人750円でした。試す価値十分です。

副港市場内にある天然温泉「滝の湯」、かなり大きな風呂でした。露天風呂もありました。

131122048_edited_2

« オホーツク海の旅第1日目(13年11月22日) | トップページ | オホーツク海の旅第3日目(13年11月24日) »

旅行・地域」カテゴリの記事