« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の8件の投稿

2014年6月27日 (金)

平成26年三菱商事OB会

n三菱商事OB会が、パレスホテル東京 葵の間で 午後5時半より開催されました。1400名程が、出席されているとのことで、旧知の先輩、同僚にお会いするのに時間がかかりました。多くの方は、ご健在で、第二の会社生活をしている人、学業に専念する人、趣味に生きる人、それ様々です。

Img_1515

小林健社長のご挨拶

Img_1519

Img_1524 Img_1528

Img_1526 Img_1527

Img_1530

Img_1533 Img_1534

Img_1535 Img_1537

Img_1540

Img_1541

Img_1532 Img_1542

2014年6月19日 (木)

自転車学校2日目

今日のレッスンは、3本ローラーを使った基本技術練習・基本フォーム確認(まっすぐ走る)の再挑戦です。ようやく、3本ローラーを使って、自立走行が短時間ですが、出来る様になりました。

Img_1512

3本ローラー


Img_1503

Img_1505

練習の後は、焼肉レストラン「大幸」で昼食を、しながら、自転車談義。

相沢さんと大幸の女将さん  女将さんの自転車歴は、5年です。早朝から一走りしているそうです。 

Img_1513


 

2014年6月13日 (金)

ベルナールグランパ自転車学校

Img_1502ベルナールグランパ自転車学校に行ってきました。バイクを始めるのに必要な基本的な技術を習得するためです。授業内容は、次の通りのです。

【日程】   
  
  9:30~ 基本技術練習
 
 
  ◆3本ローラーで簡単なポジションチェック
  ◆ストレッチポールを使った基本のバランス練習
  (骨盤・肩甲骨を安定させながらの呼吸法、リラックス、腸腰筋の動かし方など動作のイメージづくり)
  ◆3本ローラーを使った基本技術練習・基本フォーム確認(まっすぐ走る・曲がる・止まるの基本) 

 12:00~昼食(実費各自負担)・講評

Img_1493

Img_1494 Img_1495

Img_1496

校長の相沢康司さん 以前は、プロの選手として、ツールドフランセにも出場した人とは思えないほど、とても気さくな方で、教えることに熟知していて初心者の私でも十分理解出来ました。来月のバイク試車に備えて、さらに授業を受けるつもりです。

Img_1498_2

隣接する焼肉レストラン「大幸」で、昼食です。カルビ定食とノンアルコールビールで締めて、1418円でした。昼食時の話は、うまくなるためには、日頃から背筋を伸ばす癖が必要とアドバイスを頂きました。猫背の私には辛いことですが、うまくなるための修行として努力します。







2014年6月 3日 (火)

雷鳥 雪の大谷 立山連峰

雷鳥の日本での生息数

雷鳥の生息地域は、現在は北極周辺が主である。日本のライチョウは一番南の端ということになる。ミトコンドリアDNAの解析結果では、北アルプスに2系統、南アルプスに2系統の種が生息している。

2005年の調査によれば新潟県頸城山塊の火打山と新潟焼山に約25羽、北アルプス朝日岳から穂高岳にかけて約2000羽、乗鞍岳に約100羽、御嶽山に約100羽、南アルプス甲斐駒ヶ岳から光岳にかけて約700羽生息しているとみられる。ここ立山室堂地区には、約280羽が生息している日本国内では合わせて約3000羽程度が生息していると推測されている。

Dsc09928


Photo_2室堂
(むろどう)とは、修験者が宿泊したり祈祷を行ったりする堂であり、山岳信仰や神奈備がある神体山では建立されることが多い。またはそこから派生した地名

立山室堂 - 立山の登山拠点。住所は富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)室堂(正確には芦峅寺字ブナ坂外第11国有林内)。室堂は立山黒部アルペンルートのコース上にあり、立山や剱岳の登山の拠点となっている。 室堂ターミナル付近にあるミクリガ池やミドリガ池は立山火山の火口湖であり、地獄谷では現在でも火山性ガスや硫黄などの噴出物がある。Dsc09847

Dsc09851
立山連峰

Photo_9Photo_14

海側から見た立山連峰


剣岳
(左上) 飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山および新日本百名山に選定されている。立山とならび、日本では数少ない、現存する氷河を有する山である。立山(左) 飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰に位置する山で、雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称である。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。剱岳とならび、日本では数少ない、現存する氷河を有する山である。Photo_10
立山(左) 飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰に位置する山で、雄山(標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称である。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。剱岳とならび、日本では数少ない、現存する氷河を有する山である。



前日、夕方 立山区域及び雷鳥についてレクチャーを受けました。

Dsc09754

Dsc09663 Dsc09665 Dsc09667 Dsc09671_3

早朝の立山連峰

Dsc09761_2

朝、9時 雷鳥を観察に出かけます。

Dsc09790

Dsc09795 Dsc09797

Dsc09801 Dsc09807

Dsc09868

Dsc09888

Dsc09898 Dsc09905

Dsc09907

Dsc09922

Dsc09926

Dsc09928_3


Dsc09934

Dsc09947

Dsc09949

Dsc09951 Dsc09953

Dsc09971

雪の大谷を遊歩

Dsc09981

Dsc09985 Dsc09985_2

Dsc00042


Dsc00002

Dsc00008

Dsc00012

Dsc00022

Dsc00027

2014年6月 2日 (月)

立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルートは、富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)とを結ぶ交通路であり、国際的にも大規模な山岳観光ルートである。1971年(昭和46年)6月1日全通。なお、富山地方鉄道の電鉄富山駅からJR東日本大糸線信濃大町駅までとされる場合もある。立山駅から扇沢駅までは、ほぼ西から東に 25 km 足らずの直線距離だが、最大高低差は 1,975 mあり、ルート内の交通機関として、立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、日本国内一の堤高を持つ黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、様々な乗り物を乗り継いで移動する。

Photo_3


Photo_2

立山駅が立山黒部アルペンルートのスタート地点
Dsc09364

Img_1469 Dsc09370

ロープウェイで着いた美女平から高原バス(所要時間50分)で、宿泊先の室堂に向かうDsc09380_2

Dsc09383

Dsc09386 Img_1478

樹齢1000年を超える立山杉
Dsc09403

Dsc09412_2

称名滝 落差が日本一の350メートルもあって、国の名勝、天然記念物に指定されている
Dsc09415

Dsc09427 Dsc09429

Dsc09524

Dsc09575

立山高原バスに乗ること50分、ホテル立山が正面に見えてきました。Dsc09583

Dsc09595

Dsc09600

室堂からトンネルトロリーバスで大観峰に到着 大観峰で会った旅行者をワンショット。
 Dsc00045

大観峰から黒部平に向かう
Dsc00052

大観峰から黒部平らに向かう立山ロープウェイ
Dsc00066

黒部平にて
Dsc00068

Dsc00072

黒部平から黒部湖に向かう
Dsc00078

Dsc00087

Dsc00105

黒部湖から徒歩で黒部ダム堰堤入り口に向かう

Dsc00108

黒部ダム堰堤

Dsc00115

Dsc00119

Dsc00142

扇沢行き黒部ダム発トロリーバスに乗る為、トンネルを通って黒部ダムへ
Dsc00151

Dsc00154


黒部ダムに向かう途中に黒部ダムの模型
Dsc00157


黒部ダムに到着
Dsc00160

黒部ダムから到着した扇沢から、帰途につくため、信濃大町に向かいます。
Dsc00163

黒部渓谷トロッコ列車

Photo_2

トロッコ電車に乗って片道1時間20分の大自然の旅ができる鉄道です。春の新緑、夏の清流、秋の紅葉といった四季折々の見所が満載。いくつもの橋やトンネルを抜けながら大自然を駆け抜けます。途中には黒薙川(くろなぎがわ)に架かる高さ60mの後曳(あとびき)橋、鐘釣(かねつり)温泉の秘湯露天風呂、紅葉の名所として知られる錦繍関(きんしゅうかん)といった絶景がいっぱい!

Dsc08722

Dsc08716_2

黒部峡谷鉄道は、富山県の宇奈月駅~欅平駅までの20.1km、標高差375mを黒部川沿いに走っていく観光鉄道である。トロッコ電車の愛称が付けられており、日本一深いV字谷といわれる黒部峡谷をトロッコ車両に乗りながら楽しむことができる。冬期は全便運休する。

黒部峡谷鉄道はもともとダム建設や補修などの資材運搬用に作られたもので、線路の幅が普通より30cmも狭いために客車も小さい。宇奈月駅から欅平駅までの20.1kmの間を乗車できるが、途中で乗降できる駅は黒薙駅と鐘釣駅だけである。その他の駅は関西電力専用駅のため、一般客は途中下車できない。 トロッコ列車は深く切れ込んだ黒部川の渓谷に沿って進んでいく。断崖を車両の幅だけ切り欠いて引いたような線路を走る列車は迫力があり、初夏は新緑、秋は紅葉が美しく、夏は涼を求めることができる。沿線には温泉があり、終点の欅平には付近の景勝を散策するコースもあるが、ほとんどの乗客は欅平駅付近で時間をすごした後、宇奈月に戻っていく。宇奈月から欅平まで所要時間は1時間20分、運賃¥1,660。窓付きの車両を利用する場は追加料金が必要となる。

一般的には観光列車として親しまれているが、黒部川流域の発電施設の維持管理のために関西電力専用列車や貨物列車が運行されており、関西地方への電力供給を支えている重要な路線でもある。

Dsc08749

Dsc08762

Dsc08764

Dsc08768

Dsc08781

Dsc08795

Dsc08805

Dsc08861黒薙駅から山道を歩くこと約20分。黒薙温泉は峡谷最古の露天風呂で、ふもとの宇奈月温泉の源泉でもあります。普段は見ることはできませんが、吹き上げる温泉が、豊富な湯量を物語ります。 【泉質】弱アルカリ性単純温泉  【効能】神経痛、筋肉痛、慢性消化器病等
黒部峡谷鉄道のトロッコ列車の運行期間のみの営業となる。黒薙温泉は現在黒部観光開発株式会社が経営している。この会社は富山地方鉄道ループで宇奈月温泉への送湯事業等を行う。 黒部川支流の黒薙川に面した宿である。
Dsc08867

Dsc08869

Dsc08871
笹平駅のホームにはトイレが設置されており、列車交換のための停車時間が長い場合のみホームに降りることができる。

Img_1345 Dsc08878

Dsc08886Dsc08888

Dsc08905

Dsc08919

Dsc08932

Dsc08960

Dsc08964

Dsc08988Dsc08990_3

Dsc09001_3 欅平駅は、旅客の営業は終着駅であるが、「関西電力黒部専用鉄道」として、軌道はさらに先へ続いており、先のトンネルを500mほど進んでスイッチバックした所にはこの駅の構内扱いの通称「欅平下部駅(竪坑下部駅)」がある。ホームは非常に長く、2本の列車が同時に停車できる。同時にホームに停車したそれぞれの列車が同時に機関車の付け替えをできる配線となっている

Img_1386

Dsc09018
       

欅平駅は、富山県黒部市にある黒部峡谷鉄道本線の駅。終着駅である。標高599m。
旅客の営業は終着駅であるが、「関西電力黒部専用鉄道」として、軌道はさらに先へ続いており、先のトンネルを500mほど進んでスイッチバックした所にはこの駅の構内扱いの通称「欅平下部駅(竪坑下部駅)」がある。

鐘釣温泉旅館鐘釣駅
河原に湧き出る露天風呂が有名。黒部川のすぐ横で楽しむ露天風呂はまさに秘湯といえます。 【泉質】単純泉  【効能】胃腸病、神経痛、筋肉痛  鐘釣温泉は文政2年(1819年)に開湯した歴史ある温泉です。
はまさに秘湯といえます。 【泉質】単純泉  【効能】胃腸病、神経痛、筋肉痛  鐘釣温泉は文政2年(1819年)に開湯した歴史ある温泉です。

Dsc09095

欅平(最終駅)と鐘釣

Dsc09016


(けやきだいらえき)は、富山県黒部市にある黒部峡谷鉄道本線の駅。終着駅である。標高599m。旅客の営業は終着駅であるが、「関西電力黒部専用鉄道」として、軌道はさらに先へ続いており、先のトンネルを500mほど進んでスイッチバックした所にはこの駅の構内扱いの通称「欅平下部駅(竪坑下部駅)」がある。
Dsc09018


欅平駅よりの山道の先に、日本秘湯を守る会にも属する1軒宿「名剣温泉旅館」が存在する。男女別の内湯、渓谷を見下ろす露天風呂、それに貸し切り湯がある。

Dsc09022

Img_1417


名剣温泉
(めいけんおんせん)は、富山県黒部市宇奈月町欅平(旧・越中国)にある温泉。

Img_1394_edited1

Img_1409

Img_1429



Img_1431

Dsc09042 Dsc09047

Img_1437 Dsc09046


Dsc09058

Img_1446

Img_1447

鐘釣で、もう一軒露天風呂に行きます。

Dsc09075
鐘釣駅周辺には、河原に湧き出る露天風呂や万年雪など、観光スポットがたくさんあります。トロッコ電車のスイッチバックも見どころ。売店では、鐘釣限定で上品な口ざわりが人気の「万年雪のかけら」が有名です。
おみやげ


Img_1449

Dsc09148_2

Dsc09095

Dsc09105_3中部山岳国立公園、立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒部峡谷の山間部に、鐘釣温泉旅館と鐘釣美山荘の2軒の宿泊施設が存在する。黒部川沿いには源泉が多数存在する。露天風呂が設けられており、野湯として整備されている。左写真は、ここでダムからの水量の監視者です。

 Dsc09113 Dsc09123

Dsc09134

Dsc09119

対岸の黒部万年雪を間近に見られる展望台です。Img_1457_2






展望台正面に万年雪が望めます。5月ぐらいまでは、雪の量も多く迫力満点です。














温泉めぐりは、ここでおしまい。鐘釣駅をあとに、宇奈月駅に戻ります。Dsc09154

2014年6月 1日 (日)

富山港を訪れました。

Dsc08378

富山港線路線で岩瀬浜に向かいます。

Dsc08382 Dsc08387

Dsc08408

Dsc08416

当日、富山 180km の自転車走行が行われていました。

Dsc08433 Dsc08436

Dsc08465

北前船(きたまえぶね)とは、江戸時代から明治時代にかけて活躍した主に買積み廻船の名称。買積み廻船とは商品を預かって運送をするのではなく、航行する船主自体が商品を買い、それを売買することで利益を上げる廻船のことを指す。

森家は、海商の町、岩瀬にある北前船回船問屋で、国の重要文化財に指定されている。1878年(明治11)に建てられ、最盛期の繁栄を偲ばせる豪壮な構え。玄関から裏の船着き場に通じる土間廊下に沿って母屋、土蔵などが配され、船荷はこの土間を通って土蔵へ運ばれた。また、道具蔵の扉に施された家紋と竜虎の鏝絵[こてえ]も見事だ。所要30分。

Photo_4

Dsc08496

森家の前で、台湾から来た王文隆さん夫妻。

Dsc08486 Dsc08488

Dsc08498

Dsc08508 Dsc08510

Dsc08530



« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »