« 台湾 朝の龍山寺と北投温泉で足湯 | トップページ | 欅平(最終駅)と鐘釣 »

2014年6月 1日 (日)

富山港を訪れました。

Dsc08378

富山港線路線で岩瀬浜に向かいます。

Dsc08382 Dsc08387

Dsc08408

Dsc08416

当日、富山 180km の自転車走行が行われていました。

Dsc08433 Dsc08436

Dsc08465

北前船(きたまえぶね)とは、江戸時代から明治時代にかけて活躍した主に買積み廻船の名称。買積み廻船とは商品を預かって運送をするのではなく、航行する船主自体が商品を買い、それを売買することで利益を上げる廻船のことを指す。

森家は、海商の町、岩瀬にある北前船回船問屋で、国の重要文化財に指定されている。1878年(明治11)に建てられ、最盛期の繁栄を偲ばせる豪壮な構え。玄関から裏の船着き場に通じる土間廊下に沿って母屋、土蔵などが配され、船荷はこの土間を通って土蔵へ運ばれた。また、道具蔵の扉に施された家紋と竜虎の鏝絵[こてえ]も見事だ。所要30分。

Photo_4

Dsc08496

森家の前で、台湾から来た王文隆さん夫妻。

Dsc08486 Dsc08488

Dsc08498

Dsc08508 Dsc08510

Dsc08530



« 台湾 朝の龍山寺と北投温泉で足湯 | トップページ | 欅平(最終駅)と鐘釣 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山港を訪れました。:

« 台湾 朝の龍山寺と北投温泉で足湯 | トップページ | 欅平(最終駅)と鐘釣 »