« 八丈島を自転車走行 | トップページ | 八丈島の旅で会った人、再会した人 »

2014年7月14日 (月)

八丈島三原山

Img_1692_2ガイドの浅沼さん(右)と奥山さんと共に、三原山に向かいました。

標高700m、10万年以上も前に誕生した山。川や滝が多く、樹木がうっそうと茂る、成熟した自然が魅力。三原山頂への登山 八丈町役場を基点に、発電所の横を通って、NTTの中継所までは舗装道路が1時間強続く。その先は登山用の階段や尾根道が続きます。霧でカルデラの広がる光景や、眺めのよい場所からは八丈富士方面の展望は、全く出来ませんでした。ガイドの浅沼さんによれば、夏は、海面上空の温度が30度になると、水蒸気が発生し山に当たり、霧がでて視界不良になるとのことでした。秋口から、翌年の梅雨入り前が、好条件とのことです。

Img_1694

Img_1696 Img_1698

Img_1699 Img_1702

Img_1707

Img_1711

Img_1714

登頂が、終わり、後は舗装された道を下るだけです。途中に咲く草花は、目を楽しませてくれました。

Img_1719 Img_1722

Img_1724 Img_1727

舗装された道路から、又登山道に入り唐滝(からたき)・硫黄沼をめざします。  三原山頂の南側中腹にある唐滝は、常に水が流れている滝としては島内最大で落差36.3m。唐滝への道中にある硫黄沼は室町時代に作られた溜め池で、硫黄分が溶けて緑色になっている。

こんなところから、入り込むので、ガイドがいなければ分かりません。

Img_1729

Img_1733

Img_1736


緩やかな道を下って、樫立に下山。奥山さんが、先に行って待っている車に乗車し、「やすらぎの湯」に入湯。入湯料300円。

Img_1738

« 八丈島を自転車走行 | トップページ | 八丈島の旅で会った人、再会した人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島三原山:

« 八丈島を自転車走行 | トップページ | 八丈島の旅で会った人、再会した人 »