« 早稲田第二次試験の結果 | トップページ | 第二回三菱商事名古屋同期の集い »

2014年12月24日 (水)

早稲田第二次試験結果の反省点

早稲田第二次試験結果を踏まえの反省点は、これまでの社会経験、研究に関係する分野から離れた領域を学ぶには、ベースの素材がないと難しいことが分かりました。単なる知識の習得を大学が期待していないと言うことです。したがって、商事で経験した領域に関する分野を極めるとか、新たに関連大学に学士入学し、63歳でも受け入れてくれる大学を探す方法しかありません。社会福祉を専門領域としてのライフワークをしたいので、後者の方法で先を考えて行きたいと思います。専門分野を経験したこともない私を、早稲田が第一次試験を良くも合格してくれてたことを励みにして、来年2月以降に募集する関連大学の入試に備えたいと思います。

« 早稲田第二次試験の結果 | トップページ | 第二回三菱商事名古屋同期の集い »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田第二次試験結果の反省点:

« 早稲田第二次試験の結果 | トップページ | 第二回三菱商事名古屋同期の集い »