« 2015年みたの会’50 | トップページ | クララ散歩 »

2015年3月 4日 (水)

みちのく三大桜名所見物予定

Photo_4_edited1_3


弘前城(江戸時代には弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地となった。城は津軽平野に位置し、城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城である)は、順次石垣工事に入るため、障害物なく城跡を見られるのはしばらくお預けで、今年が最後となっているので、4月に桜見物は弘前公園に行くことにしました。途中角館、北上展勝地にも立ち寄ります。

Photo_2角館武家屋敷 http://kulala.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-dbc5.html 角館(かくのだて)は秋田県仙北市の地名、および国の重要伝統的建造物群保存地区の名称。現在も藩政時代の地割が踏襲され、武家屋敷等の建造物が数多く残されており、年間約200万人が訪れる東北でも有数の観光地として知られる。「みちのくの小京都」とも呼ばれる。
Photo北上市立展勝地公園 北上川沿岸にある公園で、の名所として知られる。この桜は1920年大正9年)に行われた桜の植栽事業で植えられたもので、現在、敷地約2万9,300平方メートルに、約1万本の桜と10万株のツツジがある。1990年平成2年)、日本さくらの会より日本さくら名所100選に認定され、青森県弘前秋田県角館(カクノダテ)と並んで「みちのく三大桜名所」のひとつに数えられている樹齢80年以上のソメイヨシノが約2kmにわたって桜並木になっている。Photo_3


北上川(きたかみがわ)は、岩手県および宮城県を流れる一級河川。北上川水系の本流 である。流路延長249km、流域面積10,150km²は、東北最大であり全国でも4番目に 入る。日本の河川としては勾配がかなり緩いことが特徴として挙げられる。

大学同窓の秋田に住む今野さんとも連絡がとれ、1年ぶりに再会するつもりです。

桜の三大名所  ①【吉野山の桜】「yoshinoyamasakura.pdf」をダウンロード 
は無慮五万本といわれ、その多くは山桜の系統である②【弘前公園】は元の弘前城の跡にあり、広大な敷地にソメイヨシノ、しだれ桜など約5000本の桜がある③【高遠城】http://kulala.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/1500-0cd4.htmlは江戸時代内藤氏の居城であったが、明治になって城跡に桜を植えたのが始まりで、 その後、植え続けられたコヒガン桜が約1500本という。



   日本さくら名所100選

     

名所100選の内、墨田公園、高遠城址公園、三春滝桜を訪れています。角館武家通りへは、2013年末に訪れています。  一度、100選を走破したいものです。今回の旅で、3名所を走破、合計6選となりますが。100選までは遠い~話。生きている間に行けそうもありません。全国桜情報 http://sakura.yahoo.co.jp/

« 2015年みたの会’50 | トップページ | クララ散歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

みちのく桜並木の記事拝見しました。
画像、説明内容等とても素晴らしく参考になります。
いつも貴重な情報に感謝します。
それにしてもプロとしてデビューしてもよいのではと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく三大桜名所見物予定:

« 2015年みたの会’50 | トップページ | クララ散歩 »