« クララ散歩 | トップページ | クララの手術 »

2015年3月13日 (金)

日本社会事業大学合格通知

午後、帰宅したら、日本社会事業大学から学士入学合格通知が届いていました。入学するなら、学費的に安いこの大学と決めていました。春から、40年ぶりの大学生になります。今後社会福祉分野の専門家として日本の老人社会化に伴う問題を解決する研究をし続け、ライフワークにしたいと思ってます。獨協大学の韓国語コースも始まるし、中国留学もしたいし、したい放題が山積しています。人間がむしゃらになるのが一番の幸せかも知れません。

Img_2051_edited1

連合国軍最高司令部(GHQ)は戦後改革において、憲法25条の基本理念をふまえて、わが国の社会事業改革の方向を示し、国民の生活維持に対する国家の責任を明確にすると同時に、新しい制度、すなわち生活保護法が一定の専門的な訓練を受けた職員によって運営されることを求め、1946(昭和21)年10月に予定された生活保護法の施行にあわせて、社会事業の専門的従事者養成のための学校設立を強く促した。

これを受けて同年7月、厚生労働省(旧厚生省)は社会事業専門学校設立準備委員会を設置して指導的社会事業従事者養成の準備に着手し、1946(昭和21)年10月7日、中央社会事業協会が経営する日本社会事業学校が誕生した。これが日本社会事業大学の直接的な前身である。

日本社会事業大学は1958(昭和33)年3月12日、日本社会事業短期大学からの昇格が認可されて設立された。
私学の形式をとりながら、その財源の大部分を国費で負担するというわが国で唯一の4年制大学の誕生である。

設立認可申請書は、わが国の社会福祉事業は急速な発展を遂げ、社会福祉行政、施設運営において専門的教育を受けた人材が強く要請されているという認識を示した上で、わが国には社会福祉の理論と実際を統一的に研究教授する大学がほとんどないという現状をふまえて、今こそ日本社会事業短期大学の内容を充実し、総合的応用科学として社会福祉学、児童福祉学の研究樹立を図るとともに、社会事業の理論と技術を体得させることによって、社会福祉ないし児童福祉に関する有能な専門家を養成することを目的とし、社会福祉の増進に直接寄与することを使命として、本学が4年制大学へと昇格されるべきことを強調している。

4年制大学に昇格した本学は、社会事業学科と児童福祉学科からなる社会福祉学部だけの1学部2学科の単科大学として発足し、国立大学に社会福祉に関する体系的・総合的な研究・教育体制が全く確立されていない状況のなかで、厚生労働省(旧厚生省)の委託を受けて、社会事業学科は福祉事務所などにおけるソーシャルワーカー、児童福祉学科は児童相談所などにおけるソーシャルワーカーなど、主として行政分野における指導的社会福祉従事者(福祉リーダー)の養成を担うことになった。

« クララ散歩 | トップページ | クララの手術 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

合格おめでとうございます。
本当に大した仲間と思ってます。
有言実行。目標に対してはまっしぐらの積極果敢な姿勢。同期としてこの上ない男です。
小生も、目標を定めて精進します。一歩一歩前進してください!

合格おめでとうございます。ますますのご発展を祈念しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本社会事業大学合格通知:

« クララ散歩 | トップページ | クララの手術 »