« 秋田角館 | トップページ | 日本社会事業大学大学院 »

2015年5月 3日 (日)

田沢湖

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある淡水湖。日本で最も深い湖であり、国内で19番目に広い湖沼である。その全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、日本百景にも選ばれている景勝地である。

辰子伝説

辰子が水を飲んだと伝えられる潟頭の霊泉 Img_0159
辰子が水を飲んだと伝えられる潟頭の 霊泉
湖畔に建つ御座石神社 Dsc02494
 
湖畔に建つ御座石神社

田沢湖周辺には、(イワナを食い[)水をがぶ飲みして龍の体になった辰子と八郎がやがてめぐり合って夫婦になったという伝説がある。

田沢湖のほとり神成村に辰子(タッ子、または金釣(カナヅ)子ともいわれる[)という名の娘が暮らしていた。辰子は類い希な美しい娘であったが、その美貌に自ら気付いた日を境に、いつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。辰子はその願いを胸に、村の背後の院内岳は大蔵観音に、百夜の願掛けをした。必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。狂奔する辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。自分の身に起こった報いを悟った辰子は、田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。

Img_0160

Dsc02483

Dsc02492

« 秋田角館 | トップページ | 日本社会事業大学大学院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田沢湖:

« 秋田角館 | トップページ | 日本社会事業大学大学院 »