« 千秋公園 | トップページ | 田沢湖 »

2015年5月 3日 (日)

秋田角館

角館は戦国時代には戸沢氏の本拠地であった。関ヶ原の合戦後の1602年(慶長7年)、戸沢氏が常陸多賀郡へ転封、佐竹氏が秋田へ入部し久保田藩領となる。翌1603年(慶長8年)、佐竹義宣の実弟にあたる蘆名義勝が所預(ところあずかり)として角館に入った。武家屋敷の並ぶ道の両側に見事なシダレザクラが咲く。この桜は、寛文4年(1664)佐竹北家二代目佐竹義明の妻が京都から嫁いでくる際に、嫁入り道具の中に入っていたシダレザクラの苗木3本が由縁と言われている。ほとんどが京都・祇園のシダレザクラと同種。町内には約400本あり、そのうち162本が国の天然記念物に指定されている。また、樹齢300年以上の古木もある。

Youtube_2 https://youtu.be/aYk5Hm9JsuI

Dsc02458

Dsc02467

Dsc02466

Dsc02464 Img_0148

Youtube https://youtu.be/uqCQWroYwrM
Dsc02479

Img_0152 Img_0153

Img_0155

« 千秋公園 | トップページ | 田沢湖 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田角館:

« 千秋公園 | トップページ | 田沢湖 »