« 石川さゆり 博多座特別公演 | トップページ | 金沢の名所 »

2015年9月23日 (水)

40年振りの北陸の旅

Dsc02770_2
先々月に、商事を卒業し帰国した同期入社の後藤君と40年ぶりに金沢を訪れました。これも北陸新幹線の乗るのが一つの目的です。40年前に名古屋に新入社員として赴任し、私が買ったばかりのセリカで出かけ、永平寺、東尋坊に行ったことがあります。40年前に比べ金沢駅前は、様変わり、新幹線も満席状態です。大宮から金沢まで約2時間半で到着。2015年3月に長野駅 - 金沢駅間が開業したことにより、最速達列車で東京駅 - 富山駅間が2時間8分、東京駅 - 金沢駅が2時間28分となった。東京駅 - 大宮駅間は東北新幹線と、大宮駅 - 高崎駅間は上越新幹線と線路を共用する。

Png_2

Photo

Fotor

兼六園

Photo_317世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園である。広さは約11.7ヘクタール。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで、日本三名園の一つに数えられる。1922年に国の名勝、1985年には国の特別名勝に指定されている。延宝4年(1676年)に5代藩主前田綱紀が「蓮池亭(れんちてい)」を造り、その庭を「蓮池庭(れんちてい)」と呼んだのが始まりとされている。13代藩主前田斉泰 文政5年(1811年)~明治17年(1884年)が現在のものにほぼ近い形にしたとされる。「兼六園」の名称が定められたのもこの頃である。

  園内中央にある霞ケ池

Dsc02826_2

Dsc02799


Dsc02814_2

園内の寄観亭にて昼食

Fotor_2

金沢城公園

Dsc02829_2

Dsc02831 Dsc02832

三の丸
Dsc02833

Dsc02836

二の丸
Dsc02842

Dsc02847

加賀片山津温泉
Dsc02892 Dsc02889

Dsc02875_2

Dsc02884

Dsc02887

Dsc02900

« 石川さゆり 博多座特別公演 | トップページ | 金沢の名所 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40年振りの北陸の旅:

« 石川さゆり 博多座特別公演 | トップページ | 金沢の名所 »