« 講義 | トップページ | 伊豆の踊り子 波浮港 »

2016年5月23日 (月)

伊豆大島紀行

Dsc04070_2

大島は、1986年に三原山火口から噴火が開始し、溶岩が噴出。三原山山腹を溶岩が流れ下り、住民全員の島外避難が行われた。帰島は約1ヶ月後になった。当時、2万であった人口は、現在は、8千人となっている。観光客も、120万人から、10万人と激減している。
三原山は、東京都大島町の伊豆大島にある中央火口丘。伊豆大島の最高峰で標高は758m。

Photo_3

Dsc04083_2

大島温泉ホテル露天風呂からの眺望。

Img_0695
Ooshima3
Img_0731


Map_2
観光の対象とされており、火口を周遊する遊歩道なども整備されている。三原山の登山はお鉢めぐりを含め3~4時間で回れます。我々は、火口までの1時間の山頂遊歩道コースの登山でした。山頂遊歩道コースは、山頂口から内輪山に向かって舗装された遊歩道が整備されているので安心して歩けるハイキングコースです。


Ooshima1
Dsc04107

Dsc04110_2
Ooshima2

三原山火口
Dsc04113

« 講義 | トップページ | 伊豆の踊り子 波浮港 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

写真といい、文書といい最高です。感謝です。佐々木拝。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島紀行:

« 講義 | トップページ | 伊豆の踊り子 波浮港 »