« 伊豆大島紀行 | トップページ | 娘夫婦一時帰国 »

2016年5月24日 (火)

伊豆の踊り子 波浮港

伊豆の踊子』は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。一行を率いているのは踊子の兄で、大島から来た彼らは家族で旅芸人をしていた。小説のモデルとなる少女家族は、此処波浮港で暮らしていた。当時、波浮港は、多くの網元がおり、人々が行きかい栄え、賑わっていた。旅籠も多く、酒宴に通りを流す踊り子が呼ばれ芸を行っていた。

Dsc04130

Dsc04144

Img_0747

Dsc04133
Odoriko1
Dsc04150_2

Dsc04134
Odoriko2_2
Dsc04139

« 伊豆大島紀行 | トップページ | 娘夫婦一時帰国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の踊り子 波浮港:

« 伊豆大島紀行 | トップページ | 娘夫婦一時帰国 »