カテゴリー「学問・資格」の113件の記事

2021年3月20日 (土)

日本社会関係学会での発表

日本社会関係学会の発表も無事終わりました。

Nishonshakaigakkai0320

2021年3月 2日 (火)

日本社会関係学会論文発表

日本社会関係学会発表予定。昨年3月20日に発表予定であったが、コロナの影響で順延となり、今月20日にZoomで行うことになりました。現在発表資料を準備中です。なんと論文で引用した藤原先生が討論者でした。著名な先生の発表もあり、恐々。

Photo_20210302032401

2020年9月17日 (木)

日本社会関係学会設立総会

ソーシャルキャピタルの視点から社会の構造。問題を考察する日本社会関係学会設立総会に参加しました。発起人総数は約200名。元々は、3月に開催予定でしたが、新型コロナの影響で延期され本日Zoom開催となりました。発表を予定していたのですがそれも来年の予定となりました。Img_0827

2020年3月 1日 (日)

娘から花束

台湾に住む長女から、学会発表を祝して花束が贈られてきた。

Img_0584

2020年2月 1日 (土)

私塾統計学

統計学の私塾は、段々と数学研究科のレベルになってきた。大学院の統計学では、ここまで教えない。元々理科系なので面白い。

Img_0127

2020年1月25日 (土)

デジタル社会調査の有効性

日大で開催された第3回ソーシャルキャピタル研究会に参加。東北大学の滝川先生による講演。テーマは「デジタル社会調査の有効性」青山大学亀坂先生による「社会関係と幸福度」の講演。その後懇親会へと。

Shakaikankei

2019年11月12日 (火)

ソーシャルキャピタル研究会

  ソーシャルキャピタル研究会が、日大法学部キャンパスで開催されました。稲葉陽二先生による「ソーシャルキャピタル研究のニューフロンティア」と題する講演です。社会関係資本がICTとAIの進化により新たな付加価値を生み出す可能性についてのお話です。社会関係資本とは、信頼、規範、ネットワークからなる社会の構成要素です。これらが充実していると社会が住みやすくなるという実証理論です。

 Dsc06442

Img_0620

 

2019年10月 5日 (土)

第92回日本社会学会

東京女子大学にて10月5日~6日の2日間の予定で第92回日本社会学会が開催されました。

Img_0511

Img_0513

Img_0519

Img_0540

第92回日本社会学会懇親会

第92回日本社会学会懇親会が、吉祥寺の東急REIで開催されました。

Img_0553

Img_0552

 

2019年9月28日 (土)

老い衰えゆくこと

この本は、実証研究から「老い衰えるが故の困難性と可能性」を展開し、老い衰えゆく老年像を伝えています。

Img_0508_kiritoriedited1

Img_0509_kaitenedited1

より以前の記事一覧