« 2015年 介護保険制度改正ポイント | トップページ | 高齢者向けに市民講座(久喜市社会福祉協議会) »

2015年4月 2日 (木)

障害のある人の人権 理解と思いやりの心を

内閣府が実施した「障害者に対する世論調査」では、健常者の9割近くの方が、障害のある人に対して、障害を理由とする差別や偏見があると思う、と答えています。障害のある人も、健常者と区別する事なく、自立して共に社会に参加し、互いに支えあうという「共生社会」をめざすため、私たち一人ひとりが障害のある人について十分に理解し、思いやりの心をもって接していくことが求められています。今回は、全ての人々にとって、住み良い平等な社会にしていくために、専門家のインタビューを交えながら、障害者への思いやりの大切さなどについて、紹介します。

« 2015年 介護保険制度改正ポイント | トップページ | 高齢者向けに市民講座(久喜市社会福祉協議会) »

国・市町村の政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年 介護保険制度改正ポイント | トップページ | 高齢者向けに市民講座(久喜市社会福祉協議会) »