« 在宅医療連携拠点事業に関して意見交換 | トップページ | 死後離婚、急増 姻族関係終了届 産経 »

2016年12月25日 (日)

コンビニ各社がイートインの拡大で飲食需要を開拓(産経)

Photo コンビニエンスストアが店内で飲食できる「イートイン」を設置した店舗を拡大している。いれたてのコーヒーや、店内で販売する弁当、デザートをイートインで飲食しながらくつろいでもらうことで、新たな需要を開拓するのが狙いだ。近隣のコーヒーショップやファストフード店などが顧客を奪われるケースも出ている。 ファミリーマートは、平成29年度末までに約6千店舗でイートインを設置する方針だ。 都心では商談に利用するビジネスマンや、コーヒーとともに弁当やドーナツを食べる女性の利用が増えているという。郊外ではコミュニティースペースとしても活用され、今春には吉本興業と組んで寄席や漫才を行う取り組みも始めた。

 ファミマ広報は、イートインの設置により「集客率が上がり、飲食需要を掘り起こせている」と効果を強調する。セブン-イレブン・ジャパンも「アプローチできなかった高齢者や女性の利用が増えている」(広報)としており、今後、スペースが広い店舗を中心に積極的に設置していくという。ローソンも同様のスタンスだ。

こんなコンセプトのある通所介護サービス事業所があっても良い気がする。

« 在宅医療連携拠点事業に関して意見交換 | トップページ | 死後離婚、急増 姻族関係終了届 産経 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 在宅医療連携拠点事業に関して意見交換 | トップページ | 死後離婚、急増 姻族関係終了届 産経 »