« The Japanease American Association of NYC | トップページ | ニューヨークのシニアセンター »

2017年8月23日 (水)

米国老人介護施設 Isabella

マハッタン up townに在る140年の歴史がある老人介護施設Isabellaを訪問。収容人員、メデイケア 約70人、有料介護 約600人。

初めに、有料介護の個室を視察。1室、1LDKで、食事、電気代など全て込みで一人月2,800㌦(医療介護は別)、夫婦で、3,600㌦。費用支払いは、任意保険+個人による負担。任意保険でカバーできない費用は、個人負担となる。介護認定制度はなし。必要な介護サービスは、保険会社が決める。保険のかけ方次第で、個人負担が大きく変わる。日本のような介護等級制度がないので、費用は、一概には比較できないが、かかる総費用は、ほぼ同じ程度か。日本は、一定の割合の個人負担以外は介護保険でカバーされるからかなり優遇されている。
Img_3362
Isabella1

個室タイプ
Isabella2
ナーシングケア(介護棟) 二人部屋。
Isabella3
デイケア(通所介護) この時間、ビンゴゲームを行っていた。景品 右下写真。
Isabella4

« The Japanease American Association of NYC | トップページ | ニューヨークのシニアセンター »

医療介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« The Japanease American Association of NYC | トップページ | ニューヨークのシニアセンター »